KLab Ventures

KLab株式会社

Beatrobo,inc. 宮原おうじ

昼下がりの四谷三丁目。とあるマンションの一室にあるBeatrobo社を訪ねると中から独特の雰囲気を持つ若者が現れた。恐る恐る室内に入ると、そこには誰もいない…。皆早朝まで作業していたためまで、まだ出社してなかったそうだ。無意識に人を隠せそうな場所に目を配ってしまったが、どうやら本当のようだ。名刺交換を済ませる。 名前を確認すると「CCO&デザイナー 宮原おうじ」。この方が今回のインタビューの対象者であるとあらためて認識する。「へヴィメタルとか好きなんだろうな」とか思っていた矢先、Tシャツの「諸行無常…」というプリントが目に入りつっこみを入れようかと思ったがやめた。いざインタビューを開始するととても和やかな語り口調がとても印象的でした。原宿や渋谷のアンダーグランドで音楽活動もされているそうです。

Beatroboに入社された経緯をおしえてください。

学生時代より企業でWEBの制作を請け負いながら、クラブイベントのオーガナイズをしていました。自身のイベントに出演したアーティストからの紹介で当時の浅枝の会社にスタッフとして参加したのが出会いのきっかけです。その後、当時の会社は解散して私は別の企業へと移ったのですが、浅枝と近いうちに何か一緒にやろうと約束していた中でBeatroboが起ち上がり、再び一緒に仕事をするようになりました。

Plug Airもデザインされたとのことですが、普段のお仕事を教えてください。

Plug Air

会社のクリエイティブに関すること全般を担当しています。名刺のデザインから、アプリのUI/UXの設計、Plug Airのプロダクトデザインまで、ユーザーやお客様が目に見える部分は自分が統括しています。
最近ではPlug Airが世界的なロックバンドのリンキン・パークの公式ファングッズに採用されたと様々なメディアに取り上げていただきました。世にスマートフォンのガジェットは様々ありますが、そのデザインにおいてほとんどが"丸み"を帯びているという特徴があると思います。ところがPlug Airのデザインはそれらとは真逆で、あえてプロダクトの角の部分をこれでもか!というくらい尖らせたデザインにしています。 Beatroboのソリッドなイメージを表現するとともに、現物を手に取った時に鮮烈な印象を与えられるようにとデザインしたところ、リンキン・パークにも受け入れられ、事業提携へと進むこととなりました。
Plug AirはBeatroboの「音楽の交換によるコミュニケーションの円滑化」というコンセプトを追求した結果誕生しました。CDやMP3の代替となり、リアルでの人と人のコミュニケーションがもっと活発になればと思います。

デザインをされている上で大切にされていることはありますか?

宮原おうじ

「腑に落ちること」をとても大切にしています。社内には発明家気質の人が多く、業務をこなしていく上で様々なことが複雑化してしまいます。僕の仕事は、その複雑なものをある種の平凡な形にまとめて、誰から見ても納得のいくような形に仕立てることだと思っています。文化圏が違う人でも簡単にとって使えるようなデザインを特に意識していますね。

Beatrobo,inc.のWebサイトはこちら↓
https://www.beatrobo.com/

CONTENTS

会社概要
KLab Venturesについて
KLab Venturesのスキーム
会社情報&アクセス
支援戦略
KLab Venturesの支援戦略
KLab Venturesの支援方法
KLab Venturesのメンター
イベント情報
KLab Venturesのイベント情報
投資活動・実績
KLab Venturesの投資活動・実績一覧
KLab Venturesの投資企業情報
採用情報
採用情報
お問い合わせ
お問い合わせ

Copyright (c) 2012 KLab Ventures,inc. All Rights Reserved.